ゼロス監査法人

私たちゼロス監査法人は会計・監査のプロフェッショナル集団としてサービスを提供し、日本の資本市場の発展に貢献するという社会的使命があります。

監査の品質を重視し、監査を通して日本の資本市場の信頼性の確保に寄与したいと考えております。

資本市場において、監査は社会のインフラであり、資本市場が適切に成り立つために必要です。

そのような環境の中で、私たちゼロス監査法人は、会計・監査のニーズに応え続けることにより、社会の発展に寄与していきたいと考えております。

提供サービス

監査

ゼロス監査法人では監査経験豊富な監査人により、充実した監査サービスの提供が可能です。
上場会社の監査経験も豊富にございます。

法定監査とは金融商品取引法や会社法など、日本の法令により監査が義務付けられているいる監査です。財務諸表等がステークホルダーにとって問題なく利用できるかどうかを独立した専門家である監査法人がチェックします。
具体的な法定監査の種類は下記の通りです。
いずれの監査もゼロス監査法人で受託可能でございます。

■金融商品取引法に基づく上場会社等の財務諸表監査及び内部統制監査
■会社法に基づく大会社等の監査
■信用金庫法に基づく信用金庫の監査
■私立学校振興助成法に基づく私立学校の監査
■独立行政法人通則法に基づく独立行政法人の監査
■投資事業有限責任組合契約に関する法律に基づく  投資事業有限責任組合の監査
■資産の流動化に関する法律に基づく特定目的会社等の監査
■政治資金規正法に基づく政治団体の監査  その他

暗号資産交換業者に対する監査・AUP

改正資金決済法により、暗号資産取引所は監査を受けることが義務となりました。

しかしながら、暗号資産取引所の管理体制の不整備、監査人の各種のリスクやブロックチェーン技術への理解の低さ、また監査報酬との折り合いが付かず「監査難民」が発生してしまいました。

暗号資産取引所は、暗号資産の発展の中で大きな意味合いを持つプレイヤーであると理解しており、適切な管理体制を整備・運用している暗号資産取引所は事業が進んでいくべきであると考えております。

弊社には豊富な監査実績があり、適切な監査サービスの提供が可能です。

アドバイザリーサービス

ゼロスグループではクライアント様が成長、発展する過程で遭遇する経営上の諸問題を総合的見地から幅広く解決できるようアドバイザリーメニューを用意しております。
ゼロスグループが提供するアドバイザリーサービスの特徴として下記を挙げさせて頂きます。

■幅広いコンサルティングサービス提供分野
ゼロスグループでは会計・監査・税務の各分野の豊富な実務経験を持つスペシャリストが在籍しております。スピード感をもって、クライアント様のニーズに応えていきます。
■クライアント様のご状況を鑑みた業務進捗方法
形式的にアドバイザリーを行っても、実質体な改善にはつながりません。クライアント様の現在のご状況を鑑みて、ゼロスグループも一体となって結果を出します。

【株式公開支援】
株式公開は法人が急成長を実現するための財務戦略の一つです。株式公開を行うことにより、多額の資金調達、採用力の強化、クライアント様が提供しているサービスの認知度向上、社会的信頼性の向上など数々のメリットがございます。
この株式公開の達成には、会社の管理体制の充実が必要になってきます。
未上場会社から上場会社になる際の管理体制の強化について、経験豊富なメンバーで支援させて頂きます。

■株式公開診断
■資本政策立案
■公開審査資料作成支援(一の部、二の部作成支援など)

【内部統制整備・社外取締役支援】
日本版SOX法が平成20年から導入され、上場会社は、内部統制の整備と経営者による評価、外部監査人による監査報告が義務づけられました。
ゼロスグループでは、当該導入のプロジェクトコントロール、導入プロセス、導入に際しての書類整備などが効率的で低コストで導入できるようアドバイス業務を行います。
又、企業がガバナンス強化の一貫として、平成27年より義務化された社外取締役就任に伴う教育や業務実施上のアドバイスを行っております。

■内部統制資料作成支援
■内部統制業務コスト調査及び
■ビジネスリスク評価実施支援 コスト削減方針策定支援

MENU